【スケートと衣装】フィギュアスケートの魅力や衣装の重要性について解説

【スケートと衣装】フィギュアスケートの魅力と衣装の重要性

フィギュアスケートは得点を競うスポーツです。スピンやジャンプなど技術点はもちろん、表現力を豊かにするためにも音楽や演技など世界観に合った衣装が非常に重要です。こちらでは、フィギュアスケートがどのようなスポーツなのか、その魅力、さらに衣装の重要性や色の印象についてご紹介します。

【スケートと衣装】フィギュアスケートの魅力とは?

フィギュアスケートは、通年楽しめるスポーツです。試合のあるオンシーズンは高度な技術を持ったプロスケーターの演技を、オフシーズンはアイスショーで華やかな演舞を見ることができます。他の競技と違い、芸術性やエンターテイメント性もあるスポーツであり、美しい演技が人々を魅了します。そんなフィギュアスケートは、どのようなスポーツなのでしょうか。フィギュアスケートの概要とその魅力について解説します。

【スケートと衣装】フィギュアスケートはどのようなスポーツ?

フィギュアスケートと子ども

フィギュアスケートは、スケートリンクの上を刃のついた靴で滑って演技を行う競技です。ヨーロッパで発祥し、1900年はじめにオリンピックの種目となりました。オリンピックや国際大会などで多くの日本人選手が活躍しているため、テレビなどでもフィギュアスケートを見たことがある方は多いでしょう。種目は、ひとりで滑る「シングル」、男女二人組のペアで滑る「ペアスケーティング」と「アイスダンス」があります。

◇フィギュアスケートのルール

採点は技術点と演技構成点を合わせた得点で競います。技術点は演技の中のジャンプやスピンの難易度と完成度、演技構成点は音楽や技と技のつなぎ、表現などを採点します。また、どの種目も2分40秒ほどの「ショートプログラム」と4分ほどの「フリースケーティング」の2回の演技を行い、合計点で順位が決まります。着地失敗、時間オーバー、衣装違反などは減点対象です。

◇ショートプログラムとフリースケーティングの決まり

ショートプログラムは、3つのジャンプと3つのスピン、そしてステップとターンを一連の動作とするステップシークエンスで構成され、以下のジャンプを取り入れます。

  • ・アクセルジャンプ
  • ・単独ジャンプ
  • ・コンビネーションジャンプ

フリースケーティングも3つのジャンプと3つのスピン、ステップシークエンス、そしてステップやターン、イナバウアー、スパイラルなどあらゆる要素で構成されるコレオグラフィックシークエンスで構成されます。ジャンプには以下の決まりがあります。

  • ・ひとつはアクセルジャンプ
  • ・コンビネーションジャンプは3回まで
  • ・3連続コンビネーションジャンプは1回まで

フィギュアスケートの演技では、ダイナミックなジャンプが見どころのひとつです。ジャンプには、アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコー、トウループがあります。すべてのジャンプを飛べるようになると、よりスケーティングを楽しめるでしょう。

【スケートと衣装】フィギュアスケートの魅力

ハートを浮かべる手

リンク上でバランスを取るのは難しく、最初はスケートリンク上を滑るだけでも苦労します。しかし、滑れるようになれば、大きな達成感を得られるのは間違いありません。フィギュアスケートにはどのような魅力があるのでしょうか。

◇自分だけのオリジナルの演技

前方への滑走やジャンプができるようになり、好きな音楽で好きな滑り方ができるようになるとフィギュアスケートの楽しさがぐっと増します。さらに技術だけでなく表現力が身についていくと、自分だけのオリジナルの演技ができるようになります。さらに上達すれば、高度なジャンプなどを取り入れられるようになり、より質の高いオリジナリティあるプログラムが完成します。その人ならではのオリジナルの演技は、選手としての魅力にもつながるはずです。

◇目を楽しませる衣装

フィギュアスケートは、バレエや社交ダンスのように芸術性が高く、ルールが分からなくても見て楽しめるという点は魅力のひとつです。曲や演技が引き立つ衣装、世界観にマッチした衣装は、演技自体の世界観や芸術性を高める役割も担います。スケーターにとっても、表現の幅や深みが広がる要素でしょう。パンツや手袋、細かい装飾パーツまでこだわった衣装を着ることで、魅せる演技に繋がります。

【スケートと衣装】オーダーメイドがいい?衣装の重要性と色が与える印象

フィギュアスケートの要素として欠かせない衣装。ときに可愛い衣装、ときにスタイリッシュな衣装など、選手は赤や青といった色味やデザイン、シルエットなどを演目ごとに工夫します。何をどのように表現したいのかによって、色やデザインを決めることが大切です。ここでは、オーダーメイドで衣装を作る前に知っておきたいポイントとして、衣装の重要性や色の印象を解説します。

【スケート】衣装の重要性

大会衣装コスチューム LHZA125

フィギュアスケートの大会でプロの選手が身につける衣装は、シンプルなものから華やかなもの、可愛いデザインまで様々です。これらの衣装は、大会で重要な役割を担っています。

◇芸術面における印象を左右する

フィギュアスケートでは、芸術性を採点されるアートな側面のあるスポーツです。そのため、各国の選手は工夫を凝らしたこだわりの衣装を身につけます。手袋をつけて表現する選手も少なくありません。競技ではスポットライトは使わないため、衣装に使用する素材の質感をはじめ、赤や青といった色とりどりのラインストーンを使うなど、通常の照明でも映える工夫が施されています。

◇衣装のルール

衣装には規定があり、過度な露出は禁じられています。衣装の肌色部分を増やすと手足が長く見えるという効果がありますが、裸のように見える衣装は減点対象となってしまいます。男性は長いパンツを着用しなければならず、丈の短いパンツは不可です。また、男性のタイツの着用は認められていません。これらの規定を守ったうえで、可愛い衣装やユニークな衣装など、プログラムに合う衣装を着用するのです。女性のパンツスタイルは禁じられていないため、衣装にパンツスタイルを採用する女性選手も増えています。曲や演技に合わせてワンピーススタイルやパンツスタイルを使い分けてみるのもおすすめです。

◇衣装の素材とデザイン

衣装は伸縮性のある素材が使われることが多く、ジャンプやスピンなど演技を邪魔しないデザインにします。衣装が左右非対称のデザインは、ジャンプやスピンなどで体の軸が維持しにくくなることから、避けられる方は少なくありません。また、重たい衣装は軽やかな滑りに影響することから、軽い衣装を好む選手が多いです。男性はズボン着用とルール規定があるため、女性の衣装よりも重くなる傾向にあります。女性の衣装では、サイドのスカート丈を最も短くすることで、脚が長く見えるデザインが採用されるケースが多くあります。自分がイメージするデザインがあれば、オーダーメイドでその世界観を再現するのもおすすめです。

◇手袋をしてもOK

手袋の着用は特には禁じられていません。そのため手の動きを強調したいときは、衣装に合わせた手袋をオーダーメイドで制作することもあります。ただし、演技の途中で靴のエッジ部分にひっかけてしまうというアクシデントが発生する可能性もあるため、手袋を使用する際は注意が必要です。

【スケートと衣装】色が与える印象

色鉛筆と電球

選手の名前は覚えていなくとも、衣装の色やデザインが印象に残ったという方もいらっしゃるものです。衣装のデザインはもちろん、色もまた人に与える印象を大きく左右します。色ごとのイメージを押さえて、オーダーメイドで衣装を作るときの参考にしていただければと思います。

◇赤色、ピンク色

いずれも温かい印象や女性らしさを感じる色です。赤は目立つ色なので注目を集めやすく、情熱を感じさせます。ピンク色は赤色よりも柔らかい印象を与え、女性らしさを感じさせます。可愛い印象を与えたいシーンに適しています。

◇青色

青は、さわやかでクールな印象、清楚な印象を与える色です。薄い青はみずみずしさを、ネイビーのような濃い青は落ち着いた雰囲気を演出することができます。

◇緑色

中性色で、他の色と合わせやすいという特徴があります。木や葉っぱなど自然をイメージする色であり、相手に安心感を与えます。爽やかな印象を与えたい場合にもおすすめです。

◇黄色

明るさを与える色であり、元気な印象を与えます。目立つ色で注目を集めやすいです。ライトイエローには柔らかな雰囲気もあり、使い方によっては男性も女性も取り入れやすい色です。

◇白色、黒色

白や黒は色がない無彩色であるため、衣装のベースカラーとして使われることが多い色です。白は、純白というように清楚な印象を与え、リセットや新しい始まりなどの意味を持ちます。黒色は大人の印象を与える色であり、高級感を醸し出します。威厳や厳格といった印象がある一方、圧迫感・威圧感という印象も持ちあわせるため使い方を工夫することが大切です。

フィギュアスケートは衣装も重要!演技に合った衣装を選ぼう

フィギュアスケートは、技術点だけが競われるのではなく、表現などの芸術的な面も評価の対象となります。そこで重要となるのが、演技や世界観に合った衣装です。衣装には規定のルールがあり、それらを守ったうえでデザインを決めましょう。マリーナアイスは、フィギュアスケートの衣装を通販で提供しています。大会用のコスチュームはもちろん、可愛いパンツやジャケット、手袋などもあります。完全オーダーメイド衣装も対応していますので、ぜひ一度ご相談ください。大人用に限らず子供用の可愛い衣装をお探しの方も、マリーナアイスのご利用をお待ちしています。

フィギュアスケートの衣装をお探しならマリーナアイスへ

会社名 株式会社 マリーナ
運営統括責任者 中田陽子
住所 〒651-0088 兵庫県神戸市中央区小野柄通4丁目1−15 振興ビル4F (フィギュアスケート用品取り扱い店)
TEL 078-241-8528 (平日09:00〜17:00)
メール yoko-nakata@witcoltd.co.jp
URL https://www.marinaice.com/
営業日 土日祝を除く平日9:00〜17:30(ネットでのご注文は24時間いつでもご利用可能です。)
お支払方法 代金引換・銀行振込・郵便振込・クレジットカードがご利用いただけます。